読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい系男子

ゆるく生きることができたらそれはきっと幸せで世界平和になると思って発信するブログ

まだ長距離バスで移動してるの?寝台夜行列車での移動を全力でオススメする理由6つ[世界一周移動]

長距離で安く移動したい場合、バスを選択するのではないだろうか?

 

だが私は列車を強くオススメする。

 

チェンマイ~バンコク間バンコク~ウボンラチャタニ間寝台列車で移動し、

ラオス·パクセ~ベトナム·ダナン間を長距離バスで移動した。

 

f:id:hikky-mental:20161212172610j:image

この二つを経験した私は、長距離の移動なら絶対に寝台列車を使うべきだと思ったため、その理由を記録しておく。

 

長距離バスに乗るより寝台列車の方が絶対にいい理由6つ

 

1身動きがとりやすい。

バスで満席だったら身動きがとれない。

f:id:hikky-mental:20161212172647j:image
が列車なら疲れたらかるく散歩もできる。

 

2トイレがついてる。

バスだと余程のいいバスじゃない限りついてないだろう。2-3時間おきのトイレ休憩までガマンしなくてはいけないが、寝台列車ならトイレがついてるためいつでもいける。

f:id:hikky-mental:20161212172724j:image

バスだとこんなとこですることもある。笑

f:id:hikky-mental:20161212172837j:image

 

3しっかり寝れる。

どこでもどんな体勢でも寝れる特技の持ち主でない限り、完全に足を伸ばして寝転ぶことができないバスはなかなかしんどい。

f:id:hikky-mental:20161212172924j:image

寝台列車ならしっかりと伸ばせるし、カーテンをしめればパーソナルスペースがしっかりと確保される。

f:id:hikky-mental:20161212172907j:image

 

4値段と時間はさほど変わらない。

夜行バスだろうと寝台列車だろうと宿代が浮くのは共通するとこ。だとしたらどっちがいいだろうか。
タイの移動では値段もさほど変わらず約3000円でチェンマイバンコクバンコク〜ウボンラチャタニがいける。
時間は上記区間共に12時間といったところ。バスのほうが10時間と書いてあるが、なんだかんだで遅れるのが、海外。
ま、遅れるのは列車も同じ。
だとしたらしっかり寝れる寝台列車がいい。

 

5体力の消耗が少ない。

むしろ寝れる分回復する。バスだと山道などで揺さぶられ体力が消耗する。

f:id:hikky-mental:20161212173031j:image

 

6酔いにくい。

バスで長時間、もしくねくね道ばかりだとしたら、酔ってしまう方も多いはず。
酔い止め薬を持っていたとしても何度か飲まないといけない。
列車では寝転べるため、むしろ振動が心地よくも感じる。笑

f:id:hikky-mental:20161212173059j:image

 

注意点

これはタイだけかもしれないが、

 

マジで寒い。笑

 

エアコン効かせすぎだ。

 

だが寒さ対策をしっかりしていれば、

まるで家で寝てるかの如く、


快適さを手に入れたも同然!笑

 

列車によってはちょうどいい温度もあるけど、寒いと思ったほうがいいだろう。

 

それに比較がボロバスとタイのきれいすぎる列車だった。完全に個人の体験談だ。笑

今後また列車とバスの経験が増えたら、また更新します。笑

 

まとめ

主要都市を結ぶのは列車も同じ。
ということを旅にでるまで気づかなかった。笑

スリランカで列車の旅の良さに気づき、調べたらほとんど主要都市同士は列車があることを知った。
そして列車の快適さを知ってしまったため、今後も列車がある区間は使うつもりだ。

それに列車の方が余裕を持って景色が楽しめる。

f:id:hikky-mental:20161212174431j:image

ま、これは日が出てる区間だけだけど。笑

 

参考になれば幸い。

 

読んでくれてありがとう。

関連記事

whats-your-happy.hateblo.jp

whats-your-happy.hateblo.jp

whats-your-happy.hateblo.jp

whats-your-happy.hateblo.jp

whats-your-happy.hateblo.jp

whats-your-happy.hateblo.jp

whats-your-happy.hateblo.jp