ゆるい系男子

ゆるく生きることができたらそれはきっと幸せで世界平和になると思って発信するブログ

ミニマリストのようにライフスタイルの第一軸を物を持たない生き方にすると職業選択しやすくなる話

現在、仕事はしていますか?その仕事はどのように決めましたか?

 

就活生の方はどのように決めようとしてますか?

 

給料?業種?ライフスタイル?

 

決め手になるものは人それぞれですが、私はライフスタイルで決めることが一番いいと思っています。

 

逆に自分の生き方、ライフスタイルが決まってないなら働かない方がいいとすら思います。

 

生き方、ライフスタイルが決まってないから、仕事の愚痴が出たり、すぐに辞めてしまう、だからこそ先に生き方を決めるべきなんです。

 

今回はタイトルにもあるように、生き方の軸を’物を持たないライフスタイル’ミニマムに生きると決めた場合、ものすごく職業選択しやすくなると感じたので元キャリアコンサルタント(職業相談員) ゆるい系男子代表ひきたけ(@yuruikeidanshi)がミニマリスト

仕事の選び方を紹介します。

 
f:id:hikky-mental:20170515213354j:image

ライフスタイルの第一軸を物を持たない生き方にすると職業選択しやすくなる話

第一にライフスタイルを決める

まず考えることはライフスタイルです。生き方です。

自分が今後どのように生きていきたいか、24時間をどのように過ごしたいかを決めましょう。

いくつかの軸を決めると仕事選びがすごく楽です。

ほとんどの方が漠然としているかもしれません。

私も学生のうちは全く考えたことがなかったです。社会人になって数年間いろんな人種を見て、そして旅をしてだんだんと生き方の軸ができていきました。

 

その一つが物を少なくミニマムに生きることです。

物を持たないライフスタイルにすると

一つの例ですが、私の軸はミニマムライフです。

普段から物が増えることが好きでないです。

ということは物が増える仕事は無理です。苦痛です。ストレスです。笑

 

とすると物作りは向いていないです。

在庫が発生しないものを選ぶ

物作りは売れるまで在庫を抱えることになります。

その物を作るための道具も必要になります。

ビジネス的な考えでも在庫を抱えないほうがいいです。

ですが物作りで生計立ててる方もいますし、それ自体が好きな方もいます。

それに物作りをする人がいない限りこの世は成り立たないです。

なので物作りは物作りが好きな人に任せておけばいいです。笑

 

生産するための機器が少ないものを選ぶ

これも個人で生計立てる場合になりますが、食品作りも同じですね。

食品ならまだ消費できるからいいかもしれませんが、例えばパン屋さんを考えるとパンを焼くための機材が必要です。家具よりでかい。笑

 

雇われるものを選ぶ

上の二つを加味すると雇われることが一番ってなります。笑

物作りでも工場や工房、食べ物でもパン屋さんケーキ屋さんで雇われればいい話。

自分で在庫を抱え込まない方法は雇われるです。

 

(極端に物作りにフォーカスしましたが、例えばその配送業でも車を所有することなる、仕事をする時点で何かを所有する場合がほとんどだと思います。)

 

では雇われることを前提にすると...サラリーマンがパッと思いつきます。

 

がしかし、

企業に勤めるとスーツを抱え込むことになる

昨日書いたこちら。スーツは嫌です私。笑

www.yuruikeidanshi.life

夏用、冬用で3着づつ持ったらクローゼットはスーツだけになります。笑

 

じゃどーすんの〜?

 

つんでるじゃんこれ〜

 

もーいや〜

 

ってなりますね。笑

 

はい、

それ以外を選択すればいいんです。

 

消去法でかなり職種は絞れる

昔に比べると職種、ライフスタイルも多様になって新しい職業も生まれています。

ユーチューバーなんて職業もありますしね。笑

 

逆にいうと増えすぎて選べないです。

 

選択肢が多すぎる

 

ことが弊害になっています。

 

だから先にライフスタイルを決めて、どんどん選択肢から外していきましょう。

そして残ったものが選ぶべき仕事です。

 

今回の例をまとめると、

 

雇われるほうが物を持たないがサラリーマンだとスーツが邪魔。

 

かなり絞れたと思います。

 

職業例

パソコンを使う仕事

フリーランスとかよく聞きますが、パソコンでWEBサイトや雑誌をデザインする人、またはそれらの文章を考える人。

ノマドワーカーなんて聞きますが、これができたらもう完璧だと思います。

旅してた時はノマドの人に会うたび尊敬の眼差しでした。

場所を選ばずに仕事をする。まさにミニマリストの鏡です。

ブログでも生計が立てられるように私も頑張ってみます。

 

農業

農業だと道具をかなり抱え込むイメージで個人でやる農家が大半かもしれませんが、サラリーマン農業って言葉もあるように企業スタイルでやってるところもあるようなので、将来自給自足を考えてる人はものすごくいいと思います。

私も田舎に行きたい願望ありあり

 

インストラクター

これは私が1年半実際にやってみた職業なわけですが、めちゃめちゃミニマリストやんってテンション上がってた1年半でした。笑

雇われインストラクターだと、必要なものは自分の肉体のみ。笑

 

しかも服装もスポーツ用。楽だし普段でも着れるし、まさに一石二鳥。

場所によっては制服のような支給されるパターンもあるし、洗濯もスタジオが一括してるところもある。そうなったらほんとに何もいらない。

インストラクターは最強だと感じてました。笑

 

他にも

今回は三つ例を挙げてみましたが、自分の家に在庫も制服も抱え込まないことを前提にしてるのでまだまだたくさん職業残っています。

飲食店も当てはまるし、動きやすい制服を貸してくれるところも当てはまってしまいます。

 

だからこそ、生き方の軸を何個もって決めるほうがいいです。

軸を何個も持つススメ

ミニマリストも生き方の軸の一つ。

これに人となるべく接しないという軸を持てばより狭められます。

逆に人と接する時間を増やしたいという軸でも狭められます。

また昼型生活が好きなのか夜型生活が好きなのかと自分の好きなリズムでも選べると思います。

 

だからこそ自分の軸、生き方・ライフスタイルを先に決めてしまえば、仕事も選びやすくなる。

そう思います。

 

仕事したくない!って人もそれをどうやって実現できるかを考えてみましょう。

生き方は人それぞれ、多様性あっていいんです。

 

 

今日も読んでくれてありがとうございました!