読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい系男子

ゆるく生きることができたらそれはきっと幸せで世界平和になると思って発信するブログ

正規雇用が上回り改めて考えた「企業選びは結婚と同じ」なら「結婚も企業選びと同じ」説

就活生や転職最中の方はこんな言葉を聞いたことないでしょうか?

 

「企業選びは結婚と同じ」

 

職業相談員として働いてたころによく使っていた言葉の一つ「就職=結婚」

 

企業とは長く付き合うものだから、結婚と同じように自分に合うパートナー(企業)を慎重に選びなさい。

ということです。

 

どうも。

元キャリアコンサルタント(職業相談員)ゆるい系男子ひきたけ(@yuruikeidanshi)です。

 

最近正規雇用が非正規雇用を上回ってるそうですね。嬉しい限りです。 

 

そのおかげか転職時期だからなのか最近「初めて会社の面接に行くからどうしたらいい?」という話が何度かありました。

 

内心は

(そんな就職とかなんとか言ってないでさー、好きなことやらないと死ぬとき後悔すんでー、この大"後悔"時代に自分に合うワンピースを探しにいって、クソお世話になりました!とか聞きにいこーぜ。笑)

と思っても元キャリコン。

そんなこと口が裂けても言えません。笑

 

そんな時に出る言葉が「企業選びは結婚と同じだから···」という感じで説明していくわけです。 

f:id:hikky-mental:20170518132040j:image

企業選びは結婚と同じ

結婚とは生涯のパートナーを決めるということです。

学生時代よりも長くなるわけですから、真剣に選ばないといけない。

そうゆうことですね。

 

結婚も好みだったり性格だったりで選ぶわけですから、企業も自分のやりたい業種なのかとか給料とかで選ぶわけです。

 

企業側からしても、うちの会社で使える人材なのか、成長してくれる見込みはあるのか、などで選びます。

 

事前に電話や履歴書でどんな人物かある程度わかっている、企業研究である程度わかっている、そしてお互いに話してもいいなとなれば、面接になります。

 

つまりお見合いですね。

または三回目のデートです。笑

一回目、二回目でお互いの情報をある程度掴むわけですから、三回目のデートは重要ですよね?笑

 

そして、

ここの企業に入りたい!

この人材は確保したい!

とお互いが合意した時に内定(結婚)となります。

 

だから

企業選びは結婚と同じ

なんです。

 

そう聞きますよね?

 

ですが、私が言いたいのはここからです。

 

はい、ということはですよ!

 

イコールだから逆も同じ

イコールだから逆も同じってことです!

 

何度も言います。笑

 

イコールです!

 

A=B 

B=A

なんですよ!笑

 

中学生で習いましたよね!笑

 

何が言いたいかというと、就職=結婚という概念を持ってる人がいるのに、その逆の意識をしてる人が少ないってことです。

 

この逆の考えをもってないから、結婚は良くないよとか言う人がいるわけです。

 

企業選び=結婚

 

なら

 

結婚=企業選び

 

なんですよ!

わかります?笑

 

私はずっと思ってました。

結婚は良くないぞーとか聞く。

そして企業選びは結婚と同じと話す人もいる。

 

え?じゃなんで逆で考えないの?って。笑

 

結婚は企業選びと同じという概念を持て

 こうゆう会話たまにありますよね?

 

「"そのまま"の君を愛してるよ。って言ったじゃない!」

 

て、アホですか?笑

 

「”そのまま”の君でいいからね~」

 

なんて会社が言いますか?笑

 

"そのまま"寝間着で出勤して行かないですよね。

 

言葉遣いを直さず"そのまま"「ウィーーーッス」って返事しないですね。

 

そーゆうことです。笑

 

分かりますか?

 

結婚してその先の未来に投資したんです、自分の時間を。

 

成長すると信じて投資したんです、会社のお金を。

 

それなのに社員がエクセルもワードも使えないままずっといていいですか?

 

ほぼクビになりますよね。

 

企業が期待する人材に成長しなければクビ。

ということは

相手が期待してた結婚生活になっていなければクビなんです。

ケッコンという会社は。笑

(皆分かっています。期待しちゃいけないと)

ですが、結婚=企業選びと同じという理論で考えると期待にそえない人材は会社の窓際か庭がある縁側に追いやられます。笑

 

料理スキルが上がらない、靴下脱ぎっぱなしが治らない。

そんな社員をケッコンという会社に置いておきますか?

 

期待をしないことは難しいから定期的に社内会議を

期待をしちゃいけないと分かっていても期待してしまいますよね。

ケッコンの会社に入ればずっと幸せが続くものだと。

それも期待です。笑

 

そしてどんどん期待は出てくるものです。

でも会社が成長する上では大切なことです。

 

料理が毎朝出てくる。

洗濯ものは畳んでおいてくれる。

週一でかたもみしてくれる。

毎日笑顔で迎えてくれる。

 

その期待、社員同士の認識は一致してますか?

 

もし社訓や会社の方向性について話したことなければ社内会議を定期的に開くことをオススメします。

学生時代よりも長い付き合いになる

結婚がゴール?就職がゴール?

よく言いますがゴールではなくスタートです。

今まで生きてきた年数以上のことがスタートするんです。

小学校6年?大学4年?学生生活が16年?それ以上なんですよ。

 

だからケッコンという会社に就職してもしてグチが出るのはしょうがないと思うんです。

ですから会社の先輩に相談したり、会議したりして、方向性を修正していかないとクビになるんです。

 

今は終身雇用は崩壊しています。

一生付き合うものじゃなくなったと思います。

昔は海外だけの話だったのも今や日本でも3組に1組は離婚する現代。

 

だけども一度は就職した会社。

突然ボーナスが出るかもしれないし、いいこともたくさん起こるかもしれない。

だからお互いのケアは定期的に必要だと思います。

 

入社してからも努力は必要。

それって社員の務めですよね。 

 

結婚=企業選び

だからこそしっかりと選ばないといけないし、選んだ後の社内努力は必要です。

その二つをしっかりやれば離婚しないんじゃないかなと思います。

 

(なんやかんや書きましたが結局期待しないことが一番です。笑)

(悟りの世界も期待しないことが重要ですからね。笑)

 

今日も読んでくれてありがとうございましたっ!