ゆるい系男子

ゆるく生きることができたらそれはきっと幸せで世界平和になると思って発信するブログ

ケプラーと針金を使った簡単なファイヤースタッフの作り方公開

「ファイヤースタッフは買うと高いし」

「ファイヤースタッフの作り方を知りたい」 

「ファイヤースタッフを簡単に作りたい」

 

どうも。

ゆるい系パフォーマー代表ひきたけ(@yuruikeidanshi)です。

 

今日はそんな方のために簡単なファイヤースタッフの作り方を教えます。

f:id:hikky-mental:20170716125405j:image

針金を使った簡単なファイヤースタッフを作り方

  「え?ちょっと待って」

「ひきたけってパフォーマーやったん??」

 

 と当ブログを覗いてた方はきっとそう思いますよね。(笑)

初めての方はスルーしてください。

 

·····

 

やっぱりスルーしないでください。(笑)

 

2016年からスタートしたこのブログですが、このブログを始める2.3年前まではイベントなどでショーパフォーマーとして月2ペースで活動してた時期があったです。

 

「へ~····んで?」

 

となってしまうので早速作り方を紹介します。(笑)

とりあえず、またパフォーマンスする機会ができたため長年使ったスタッフを新しくしました。その記録です。

その前に

ファイヤースタッフとは?

夏祭りとかで大道芸が棒の先端に火をつけて振り回しているステージみたことないですかね?

f:id:hikky-mental:20170716125121j:image

あの両先端に火がついてる棒のことをファイヤースタッフといいます。

材料

  • 針金

以上三つです。

 

卵かけご飯なみの材料の少なさで卵かけご飯以上の物が出来ます。(笑)

 

棒はホームセンターで用意しましょう。

私はステンレスです。

(確かステンレスが耐火性あって適していたと思います。)

長さは80cm~90cmが初心者向けだと思います。

(私は長い方がいいやろーと思って1mにしたんですけど、間違いでした。扱いずらいです。(泣))

f:id:hikky-mental:20170716125933j:image

そしてホームセンターのお兄さん(お姉さんでも可♪笑)に頼んで先端近くに穴を開けてもらいます。

自分で工具を持ってる人は自分で開けてもいいです。

ただ金属の棒を使う場合はそれなりのドリルが必要でしょう。

 

そして写真は穴が一個ですが、3cm以上間隔をかけてもうひとつ、合計2つの穴があった方がいいです。

一個だと布を固定しずらいです。

(穴をあけるのにもお金がかかるため学生時代ケチってしまいました。笑)

 

太さは1cm以上、むしろ2.3cmあった方が扱いやすいです。

(私のは1cmもないです。そのほうが棒が暗闇に紛れて見にくいためですが、扱いずらいです。笑)

 

ここまで読むと

 

「新しいの買えよ!」

 

って思いますよね?

でも長くて棄てるの大変だし、

ミニマリストだし(カンケーない(笑))

なにより

5年以上使ってるので愛着わいてるんです。

(もはやいいわけ)

 

 布

布は雑巾とかいらなくなったタオルでもなんでもいいです。

ただその場合一回で灰となります。(笑)

 

何回も使いたい場合はケプラー(ウィック)という耐火性の専用の布を買いましょう。

www.naranja.co.jp

最低でも5回は燃やせます。(私はもっと燃やしました。笑)

ただし燃焼時間がだんだん少なくなります。

 

厚みは1mmあると思います。

幅は10cm、長さ60cmです。


f:id:hikky-mental:20170709214747j:image

(写真は長年使ったケプラー。中が燃えてないことにさすが耐火性の布や!と感心)

 

ただ今回はを半分にして5cmにします。

燃やすとわかりますが10cmの火力半端ないです。

まぢです。やばいです。(笑)

(それを数年使ったから早く直せばよかったと思う。笑)

初心者は幅5cmにしましょう。

 

もしいらなくなったタオルを使う場合は5cm×60cmに近くなるように切りましょう。

 

針金

針金は手で曲げやすく、それなりに固いものを選びましょう。

太さは1mmはあるものがベストです。

ある程度固さがないと布を刺しずらくなります。

長さはケプラーと同じく60cmです。

 

新しくする前は耐火性の糸(ファイヤースレッド)を使って作りましたが、

日本最大級ジャグリングオンラインショップナランハのファイヤースレッドはこちら

手間かかったので、今回は針金を使います。

ファイヤースレッドだと見た目がいいですし、糸でもかなり丈夫なのでぜんぜんとれませんが、初心者は針金をオススメします。

(火つけると針金だろうがただの火の玉に見えるから大丈夫。笑)

 

では作り方です。

作り方

まずはこの穴に
f:id:hikky-mental:20170709214807j:image

 針金を通します。

f:id:hikky-mental:20170709214244j:image

次に布の端を刺します。

f:id:hikky-mental:20170709214257j:image

 針金の動かし反対を短くしたら、布をまた半周巻きます。

f:id:hikky-mental:20170709214311j:image

これを繰り返しどんどん太くしていきます。

f:id:hikky-mental:20170709214326j:image

 全部巻けたら針金を真ん中にします。

そして片方を棒の上から刺します。

f:id:hikky-mental:20170709214341j:image

残りをぐるぐると螺旋上に巻いていきます。

f:id:hikky-mental:20170709214415j:image
下までいけたら、また上までぐるぐるして先程と同じように棒の先端に入れ込みます。

f:id:hikky-mental:20170709214403j:image

(これでスッキリ)

 

棒の反対側にも同じ作業でつけます。
f:id:hikky-mental:20170716125502j:image

ダブルスタッフならもう一本です。(笑)

 

ファイヤースレッドよりめっちゃ早くできたと思います。

30分の作業で終わりました!

 

他にも

ついでオリジナル道具スリースピリットも新しくしました。
f:id:hikky-mental:20170709214434j:image

全部新しくするとワクワクしますね!

 

ついでにこれがワンステージ行う全道具です。
f:id:hikky-mental:20170709214835j:image

久々に練習すると肩が崩壊しますね。(笑)

 

作らずに買う

自作すれば5000円以下で作れると思います。

ですが

「作るのが面倒」

「お金あるから買う!」

ってゆう方のためにオンラインショップを紹介しておきます。

日本最大級のジャグリングショップナランハには需要がないのか売っていないため海外からの取り寄せになります。

そのため送料も高めです。

アマゾンにも少し売ってました。

Fusion Contact Fireスタッフ

Fusion Contact Fireスタッフ

 
Fusion Fireスタッフ

Fusion Fireスタッフ

 

やはりちゃんとしてるやつは分解できますね。笑

そしてパフォーマーでは割と知られているサイト。

Home of Poi

Firetoys

この二つはマニアックなものまでかなり充実しています。

私もこの二つから注文したことがありますが、海外でそれなりの大きさになるので送料で1万とか行く場合もありますし、届くのに数週間かかります。

 

なので自作するがいいかなと思います。

愛着もわきますしね。

 

ということで今日も読んで頂いてありがとうございました。

 参考になれば幸いです。