ゆるい系男子

ゆるく生きることができたらそれはきっと幸せで世界平和になると思って発信するブログ

病みやすく影響を受けやすい人が取るべき生きる戦略は「ストレスが少ない環境で生きる」こと

スポンサーリンク

「影響を受けやすい私はどうしたらいい?」

「病みやすい私はどう考えたらいい?」

「ストレスが少ない環境がいい?」

 

どうも。

影響受けまくりマン代表

ゆるい系男子ひきたけ

@yuruikeidanshi)です。

 

内向型人間が考える日常で幸せを感じるための4つの条件を書いていたら、病みやすく影響を受けやすい人はストレスが少ない環境で生きる戦略をとったほうがゆるく生きられると感じたのでまとめました。

f:id:hikky-mental:20180919212540p:plain

病みやすく影響を受けやすい人が取るべき生きる戦略は「ストレスが少ない環境で生きる」こと

改めまして。

影響受けまくりマン代表

ゆるい系男子ひきたけ

@yuruikeidanshi)です。

 

 

前回、内向型人間が考える日常で幸せを感じるための4つの条件をまとめました。

 

・今日やるべきことがほぼない

(大まかな予定しかなく時間ごとの予定がない)

・環境ストレスがない

・若干涼しさや爽快感がある

・幸福感を五感で記憶している

(人生で一度はこの感覚になったことがある)

日頃いつ幸せを感じますか?内向型人間が考える日常で幸せを感じるための4つの条件まとめ - ゆるい系男子

 

この4つを書きながら感じたんですが、ストレスが少ない環境で生きる戦略を取っていたほうが幸せだしゆるく生きられるなって思いました。

病みやすく影響を受けやすいのが人間?

私、周りに影響されやすい人間なんです。笑

(違うと思っていたんですが、身近な人に言われるので多分そうです。笑)

 

そして病みやすい人間でもあります。笑

 

どんどん相手の気持ちを吸収しますし、負の言葉を多く発する方と一緒にいると、

だいぶ病みます。笑

 

でも人間って影響受けやすい人が多いんじゃないかなと思います。

幸せも不幸も伝染する

幸せは伝染するという研究もありますし、人の気持ちは伝染するものだと思います。

 

ハーバード大学の五万人を対象にした、幸福度の高い人の周りも幸福度が高い研究があり、幸福は伝染する結果がある。

マサチューセッツ州の20年間継続して行っている研究で、近しい知人が幸せだと、自分の幸福度は15%上昇し、知人の知人であっても、8%あがる。

「幸せについて知っておきたい5つのことNHK幸福学白熱教室」の感想・名言・要点・心に響いたことまとめ - ゆるい系男子

 

ということは不幸や負のオーラも伝染するはずです。 

 

だからこそ影響を受けやすい人は付き合う人間を選ばないといけないんですね。

影響を受けやすい人は情報に敏感?

「影響を受けやすい人ってどんな人?」

 

情報に敏感な人が影響を受けやすい、と思います。

無意識で勝手に情報を取り込んでしまうからこそ影響を受けやすいんじゃないかなと思います。

 

ある意味素直な人ともとれます。

 

(私、素直なんです。笑)

影響を受けやすい人は素直で内向型人間

情報に敏感な人が影響を受けやすいということは

 

内向型の方は情報に敏感なので

 

内向型の人は影響を受けやすいんじゃないかと思うんです。

 

(そして、素直なら。笑)

ストレスが少ない環境で生きれば病まず影響を受けない

どんな状況下が自分にストレスかどうかは知っておく必要がありますが、ストレスを知った上で、そのストレスを回避できれば病むこともなくなるんだと思います。

 

内向型人間であれば情報過多な状況がストレスなわけです。

 

負な情報は余計に最悪なんです。

 

情報が多い=ストレス

負の情報が多い=さらにストレス

 

このストレスが影響します。

このストレスで病んでしまいます。

 

だからこそ

 

病みやすく影響を受けやすい人の生きる戦略は

 

付き合う人を選んだり

情報過多にならない仕事を選んだり

 

ストレスが少ない

環境で生きること

 

なんです。

 

そしてそれが幸せにもつながるはずです。

まとめ・ストレスが少ない環境で生きる戦略をとろう

以上が、病みやすく影響を受けやすい人はストレスが少ない環境で生きる戦略をとったほうがゆるく生きられる話でした。

 

前回

大事なのは自分がいつ・どんな条件で幸せだと感じるかを知っておくこと

日頃いつ幸せを感じますか?内向型人間が考える日常で幸せを感じるための4つの条件まとめ - ゆるい系男子

  

だと書きましたが、今回の大事なことは

 

自分が

いつ・どんな条件で

ストレスを感じるか

を知っておくこと

 

ですね!

 

知っていればそのストレスを回避しやすいですからね。

 

ってことで

 

自分のストレス見つけちゃおーぜ!笑

 

参考になれば幸いです。

 

今日も読んでくれてありがとうございました!