ゆるい系男子

ゆるく生きることができたらそれはきっと幸せで世界平和になると思って発信するブログ

静寂に価値がある時代がくる。内向型こそ静寂を求めるようになっていく。

スポンサーリンク

「価値ある場所は静かな場所?」

「静かな場所の方が好き?」

「内向型なら静寂なところがいい?」

 

どうも。

静寂をもとめるマン

ゆるい系男子ひきたけ

@yuruikeidanshi)です。

 

前回の幸せの本質は逃げることを書きながら、これからは静寂が価値ある時代になるし、内向型ならより静寂を求めるようになっていくなと感じたので、今回まとめてみました。

f:id:hikky-mental:20180923224527p:plain

静寂に価値がある時代がくるし、内向型こそ静寂を求めるようになっていく

改めまして。

静寂をもとめるマン

ゆるい系男子ひきたけ

@yuruikeidanshi)です。

  

前回、

幸せな状態=ストレスのない状態

(中略)

ストレスを避けて、ストレスから逃げれば自ずと幸せがやってきます。

ストレスゼロの状態で不幸を感じることは難しいからです。

だからこそ幸せになりたい人にとっても

「ストレスが少ない環境で生きる」戦略が重要になってきます。

幸せの本質は逃げること - ゆるい系男子

と書きました。

 

内向型であれば、情報過多にならないようにすれば大概のストレスを避けることが可能になってきます。

情報過多の時代で内向型は特に疲れる

瀧靖之氏著書の「脳が目覚めるたった1つの習慣」によれば

20年くらいで情報量が2万倍になったそうです。

そんな情報量だと、誰しも処理が追いつかず、脳が疲れますよね。

20年で2万倍の情報量!情報過多の時代で疲れてる人や内向型は脳をOFF・休めるために瞑想をしてストレスフリーになろう - ゆるい系男子

20年で2万倍の情報量になった今、

 

みなさん社会の情報の多さに疲れているんです。 

 

さらに内向型であれば、常に覚醒している状態で元々が情報を避ける傾向にあるため、よりストレスを抱えて生きているんだと思います。

 

電車の広告の情報の多さ、車で聴くラジオ、家で見るテレビ、携帯のSNS、など常に耳からも目からもあらゆる情報が脳に入ってきます

 

便利な世の中になった反面、脳のキャパオーバーになっているとも言えます。 

静寂に価値がある時代になる 

f:id:hikky-mental:20180923230636p:plain

数年前から、UターンやIターン

地域おこし協力隊、移住、田舎暮らしなど

よく目にすると思いませんか?

 

人口減少の地域が

人口を増やそうとしているわけですが、

 

実際に移住を決め行動している20代も多くいます。

 

それはなぜでしょうか?

 

全員が内向型がどうかはわかりませんが、

 

少なからず都会の生活に疲れて

移住している方もいると思います。

 

それは

情報が多い都会よりも

 

情報に触れる機会が少ない地域に

 

価値がある

 

静かな生活、

 

静寂な場所に

 

価値がある

 

と思ったからじゃないでしょうか。

 

丁寧な暮らしがしたい、ダウンシフトして生きたい

 

丁寧な暮らしに、生き方に

 

価値を見出した

 

からじゃないでしょうか。

 

数年前から隠居暮らし、ダウンシフト、丁寧な暮らし、などなどいろんな言葉が出てきていますが、まとめると情報過多を避け、静寂に価値を見出しているんだと思います。

内向型ならなおさら静寂に価値がある

内向型であれば情報を避ける傾向にあるため、ストレスを回復する場所は静寂になれるところです。

だから内向型であれば、より静寂に価値があることになります。

 

これから情報量の多さはより加速していくと思います。

内向型であろうとなかろうと、情報量の多さについていけない人も出てくるはずです。

 

そうなったとき、Iターンや田舎移住がもっと増えていき

 

静寂に価値がある

 

と感じる方が増えていくんだと思います。

まとめ・静寂に価値を見出そう

以上が、これからは静寂が価値ある時代になるし、内向型ならより静寂を求めるようになっていく話でした。

 

これからどんどん情報量が加速していき

 

その反面、

 

どんどん静寂の価値が上がっていくと思います。

 

がんばって時代についていくことも大切ですが、

 

自分にとってなにが大切か考えて行動したいですね!

 

 

ってことで

 

静寂を好きになろうぜ。笑

 

参考になれば幸いです。

 

今日も読んでくれてありがとうございました!